ゴールデンウィーク 2018も10連休!?

天皇陛下の生前退位に伴う「改元」が、

新聞各紙の報道通り

2019年5月1日になれば、

ゴールデンウィークが10連休になると、

なにかと話題になるTwitterで

やばいくらいのリツイートがされています。

あなたもこの話題の

リツイートは見られたのではないでしょうか。

通常のカレンダーは、

下記に書いたような流れになります。

 

ゴールデンウィークの通常の日程

 

前半は

  • 4月27〜28(土日)
  • 29日(昭和の日)の3連休

後半は

  • 5月3日(憲法記念日)
  • 4日(みどりの日)
  • 5日(こどもの日)
  • 6日(振替休日)

の4連休がある状態です。なぜ、10連休になるんでしょう。

それはですね、実は、国民の祝日を定める「祝日法」には、

祝日と祝日に挟まれた日を休日にする、というミラクルな条件があるからです。

ゴールデンウィーク日程

2018年改めて2019年ゴールデンウィークの日程は下記の通り。

  • 4月27日(土)
  • 4月28日(日)
  • 4月29日(月) 昭和の日
  • 4月30日(火)国民の休日
  • 5月1日(水) 改元記念日
  • 5月2日(木)国民の休日
  • 5月3日(金) 憲法記念日
  • 5月4日(土) みどりの日
  • 5月5日(日) こどもの日
  • 5月6日(月) 振替休日

その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る。)は、休日とする。

内閣府大臣官房総務課の担当者は、

BuzzFeed Newsさんでのやり取りで

以下のように話しています。

「改元日を休日にするという規定は祝日法にありませんが、仮に改元日が5月1日で、特例法などを定めてその日を祝日扱いにすれば、10連休が生まれることになります」

「ただ、改元日が祝日になるかはわかりません。昭和から平成の改元時には、天皇陛下の即位の礼が開かれた日を休日とし、『国民の祝日』と同等に定める特例法がつくられました」

この特例法にて1990(平成2)年11月12日は休日になりました。

一方、昭和天皇の葬儀「大喪の礼」の日も同様に特例法で休日なのですが、こちらは「祝日」ではないのです。

実は改元日が5月1日で、さらにその同じ日に皇太子さまの「即位の礼」があればの話ですが、リアルに10連休になるかもですね。いやーほんとうにワクワクしますね!

2019年のゴールデンウィークは10連休説

ずっと話題になっていた「2019年のゴールデンウィークは10連休説」は2018年の翌年。

もう少しで叶いますね!あと朝日新聞によれば、政府は皇太子さまが

新天皇に即位する2019年5月1日を「この年に限りの祝日とする方向」で進めていくよ。

と現実的な話も進んでいます。

黄金週間到来か?

だいぶ前の話ですが約30年前、「即位礼正殿の儀」があった90年11月12日は祝日だったんですよ。

もし法案が成立すれば、昭和の日や憲法記念日などと合わせ2019年は4月27日から5月6日までが10連休になるから、働いている方にとっては夏休みとまでは言えませんが、大人の黄金休み。

なんて言えちゃいますね。

ただ例年、ゴールデンウィークは「2日休めば9連休」「3日休めば11連休」と休みを狙うために会社とバトルする人も多くいるのも見かけます。しかし休むのはぶっちゃけ無理過ぎます。。。

もし10連休が叶えば「本当の黄金週間」となり超大型連休の恩恵をたっぷり満喫できるようになりますね。素敵過ぎですね!

ゴールデンウィーク、ネットの声

またネット上での声では

サービス業はオワタ。

さらには10連休による連休明けの仕事の山積み。。

などなど、悲鳴の声が多く上げれてます。

では一緒に見てみましょう!

ネットの声

    • 「ヒャッハーーーーーー!」
    • 「政府有能!」
    • 「いいね、なにしようかな~?」
    • 「せっかくなら滅多にいけないところに行きたいな」
    • 「引きこもるだけだけど嬉しい」
    • 「経済効果もありそうだしイイね」
    • 「サービス業は死ねってことですか?」
    • 「非正規は手取りが減るから本当に困る」
    • 「10日分の仕事が一気に来るのか……」
    • 「どうせ恩恵を受けられるのは一部の人だけでしょ」
    • 「ニートだから関係ない\(^o^)/」

 

 

いやー、、、、ヤバイですね。。

確かに10連休により、多くの仕事で通常業務に大きなしわ寄せが来るのはま逃れないでしょう。

ただただ、過半数以上は嬉しいのではないのでしょうか。

ゴールデンウィーク最高ーー!!

という感じ?‥まだ確定した訳ではありませんがまずは今年のゴールデンウィークの2018年を楽しみまくりましょう!

本当来年が待ち遠しいくなりますね。2019年のGW10連休説また新しい情報があれば更新しますね!

追記

政府は、平成31(2019)年4月30日の天皇陛下の譲位によって皇太子さまが即位され、改元される5月1日を「祝日」か「休日」になるかもしれないとなりました。

即位に伴う儀式とかの用意をするために年明けにも設置する菅義偉官房長官をリーダーにされたそうです。

組織で具体的な検討を行った上で2019年中に必要な法案を政府提出で決めるとのこと。

 

 

祝日法に基づき「祝日」になった場合は前日と翌日も休み。4月27日から5月6日まで10連休になります。

ただ「休日」だと前後は平日なので、飛び飛びでの連休となるため、10連休は夢となるかもしれません。

政府は5月1日が休みだと国民全員で新天皇の即位を祝福できますし、元号を使ったシステムの改修など改元による国民生活への影響をかなり低減できるのも魅力。

 

 

菅氏は6日の記者会見で「当然、前例も考えていくことになる」と話しているとのことです。

昭和から平成に改元した時には即位を宣言する 「即位礼正殿の儀」が行われた

11月12日が政府提出の

「即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」

に合わせて1回限りの「休日」になったのは記憶に新しいですね。

 

 

祝日法には「その前日及び翌日が『国民の祝日』である日は休日とする」と決まりがあります。

5月1日が「祝日」のときは祝日の「憲法記念日」である

3日と挟まれた2日が、また4月29日の祝日「昭和の日」

 

と挟まれた30日も休日となり、

結果的に10連休になるのですよ。

 

 

国民の休日&振替休日で2019年GWは10連休になるとほんとうに感動ですね!

 

実は、

最近話題となった

「新天皇即位で改元記念日の祝日が発生して2019年のゴールデンウィークが10連休になる!」というビッグニュースも

祝日にはさまれた4月30日と5月2日の2日の「国民の休日」となり、

5月6日にもこどもの日の振替休日になるからなのです。

 

 

これまでも有給をうまく使って9連休・10連休などに調整してきた人はいると思いますが、

2019年ゴールデンウィークは暦通りの休日しか休めない会社や学校でも10連休というのがポイント!

 

まとめ

「改元記念日」は2019年限定の祝日なので、2020年以降は10連休は厳しいですが、

2019年ゴールデンウィークの大型連休にワクワクますね!私もこれだけの連休なので、休みの方が増えて皆様がリラックスできる日になることを祈ってます!!

 

最後までご講読いただきありがとうございました!

私がたった3ヶ月で収益を伸ばすことができた方法
秘密を無料でプレゼントしておりますので、
是非ご登録をお願い致します^^

収益を爆発させる方法はこちら